竹富町内でドローン撮影を行うには、町役場への申告が必須となりました。

2020/09/10

2020年8月19日に「竹富町撮影に関する規則」が施行されました。

これに伴い、法人における撮影全般と、個人におけるドローン撮影を行う際には、撮影地域を管轄する関係機関への許可確認と、竹富町役場 世界遺産推進室への撮影届出書の提出が必須となりました。

竹富町は森林や河川、海洋上のほとんどが国立公園のため、海岸や洋上で飛行撮影する際でも環境省等への確認と届出が必要になります。

弊社が撮影を行う際には、これらの認可と届出を確実に行い、安全管理と自然環境への十分な配慮を行い、現地での事故やトラブルがないように実施いたします。
撮影日の2週間前までに申請する必要がありますので、竹富町内での撮影ご依頼は、実施日の3〜4週前までにご相談をいただけますようお願い申し上げます。

個人旅行者が無届のままドローン撮影することも認められません。

竹富島・小浜島・新城島・黒島・西表島・由布島でドローン空撮を希望する方は、撮影日の2週間前までに、関係機関への確認と、竹富町役場 世界遺産推進室への届出を済ませる必要があります。
安全管理と自然環境保護のため、無計画なドローン撮影はお止めください。
https://www.town.taketomi.lg.jp/faq/1598916389/